同志少女よ、敵を撃て

7がつ15にち

ロシアで戦争によってドイツに村ごと焼かれた少女が凄腕スナイパーになるお話。

ウクライナへの攻撃と重なってタイムリーではあったけど悲しいお話で、これが本屋大賞かーという感じではあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。