壁紙のリフォーム

リフォームをするにあたって絶対にやらなければならなかったのが、壁紙のリフォーム笑

なぜなら本当に壁が汚かったのです。

リフォーム会社の人もびっくりするくらい…

こんな感じです。

黄ばみとシミが…

ということで全部屋の壁紙リフォームを行いました。

リフォーム会社から渡されたのがサンゲツとリリカラのサンプル。

めっちゃ分厚い…めっちゃ多い…この中から選ぶとか大変すぎる…

これの他にまだあと一冊…しかもこれで全部ではないらしい…

費用のこともあり、リビングダイニング・洋室・廊下は量産品と呼ばれるもっとも安いグレードのものに。トイレ・洗面所・キッチンの水場は汚れが付きやすいので汚れ落ちしやすい一個上のグレードのものから選ぶことにしました。

サンプル帳はA5くらいの大きさはあったのである程度ここから絞ることにしたものの、ショールームに行くとさらにすごい数が…><

費用を抑えつつ期間も最短で、と思っていたのでインテリアコーディネーターを入れておらずリフォーム会社も中規模?の会社だったので特にアドバイスもなく母と一緒に考えました。

なので一面を黒くとか、柄物にする、とか全く冒険出来ませんでした…

まーシンプルが一番いいと思っているのでアドバイスがあったからと行って冒険したかは不明ですが笑

ショールームに行くとA4サイズほどのサンプルを一人20サンプルまでもらえるので、いくつか選んで持って帰りました。

そして実際に壁にあてたり、今住んでいる家の壁紙と比べたりして検討しました。

お気付きの通り、全て白ベースです笑

白の色合いが微妙に違って、模様も微差レベルの違いw

清潔感のある家にしたかったので、白で模様がボコボコしすぎていないものを選びました。

リビングダイニング洋室はこれです。

リリカラのLB-9102です。急にリリカラが登場です笑

リリカラのショールームは近くになかったので行っていないのですが、サンプル帳をみて機能の高さと多さに惹かれたのと、微妙な色味の差でしたが、ちょうど良い白さがあったのでリリカラにしました。

キッチンなどの水場はこれです。

サンゲツのRE-7625です。

これはショールームでもらったサンプルの裏側です。

リビングダイニングは網目上のオーソドックスなもの。水場はこれでも多少冒険して塗り調のものです。

工事の様子はなかなか面白かったです。

ビリビリに破って、大きなカッターで裁断です。

ぴったりのサイズに切っているのがすごいなぁ、と。ダブってるところとか二重になっているところとか隙間の空いてるところなんてもちろんありません!さすが職人です。

完成したのがこんな感じです。

引っ越して1ヶ月たったので、もう慣れましたが、最初に入った時の白さは本当に眩しくて驚きました…

やや白すぎたと今でもちょっと思っています…

リフォーム会社の人にこの白さは普通ですか、と聞くと、サンプルだと小さいので実際に壁に貼ると2トーンくらいさらに白く見えますよ、とのこと…先にそれを言ってよ…

サンゲツのもう一段階黄色がったものにすればよかった。。

もう慣れたのでいいですが、というか、もうどうしようもないですが、ここはやや後悔の残る点でした。壁紙のリフォームを検討中の方、ご注意くださいませ。

サンプルで見たものより2トーン白くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。